早漏の克服は敏感性か心因性か原因の見極めが重要

 

性行為の際に挿入から数秒で射精してしまう早漏は、男性の悩みの中でも多い方かも知れません。早漏の克服や改善をしていくための方法はいくつかありますが、間違った方法を実行したり、適切でない商品を購入したりしても思ったような結果は得られないでしょう。

 

そこで重要になるのが、まずは自分の早漏の原因を解明することです。刺激に対して敏感に反応することが原因なのか、それとも精神的な部分でメンタルが原因なのかを把握することが大切です。まずは、早漏の原因が「敏感性」なのか「心因性」なのかを見極めましょう。

 

それをしないで、「心因性」なのに「敏感性」を改善するトレーニングを行っても意味がないことです。原因を見極めた上で「敏感性」なら、それを改善できるトレーニング方法を実行しましょう。「心因性」なら、カウンセリングなどにより改善していく方法もあります。このことを理解していないと、いつまでたっても適切な改善ができないままになってします。しつこいようですが、「敏感性」なのか「心因性」なのかを、まずは原因を見極めましょう。

 

包茎の人は早漏である可能性が高いと言われています。その理由としては心因性の面でも、敏感性の面でも言えます。まず、心因性としては包茎である事にコンプレックスを感じている男性が多いからです。包茎だからカッコ悪い、臭いと思われているのではないか?このような心配や不安が早漏を引き起こしやすいのです。

 

また、敏感性については包茎の人は亀頭が包皮に守られている状態です。そのため、そうでない人に比べると極端に刺激に弱く、パンツに擦れるだけでも痛いといった男性が多いです。これが性行為の際の刺激に耐えきれず、早漏になってしまう原因になりやすいのです。

 

これらの意味でも包茎の男性は包茎手術を受けて解消するだけでも早漏も一緒に改善出来る可能性が高いというのがお分かりでしょう。実際に包茎専門のクリニックなどでは早漏治療も行っており、無料でのカウンセリングで相談にも乗ってくれます。名古屋であればABC美容外科クリニックでは包茎だけでなく早漏の治療も実施されていますので、積極的に相談してみると良いでしょう。