真性手術は保険を適用させるべき?費用の相場は?

 

真性手術とは、真性包茎の手術の事を言います。真性包茎は包茎の中でも病気と認められる種類となり、一般の泌尿器科では保険適用の手術が可能となっています。仮性手術の場合はそうはいきません。確認の為に真性包茎と仮性包茎の違いから簡単にご紹介しておきます。

 

真性包茎

  • 常に亀頭が皮を被っていて剥けない状態
  • 勃起すると出口の皮が避けたりすることもある
  • 皮を剥いて洗えないので雑菌が繁殖しやすい
  • 雑菌の繁殖で炎症しやすい
  • 雑菌の繁殖でニオイが臭くなりやすい
  • 正常な性行為が出来ない

 

仮性包茎

  • 通常時は亀頭が皮で覆われている
  • 勃起すると皮が剥ける
  • 剥こうと思えば手でいつでも剥くことが出来る
  • ペニスの状態によって被ったり剥けたりするため、陰毛を巻き込んで痛いときがある
  • 温泉などで包茎である状態を恥じる事がある
  • 真性ほどでは無いが臭くなりやすい

 

費用の相場について

 

真性手術を保険適用で受けた場合は、費用の相場は1万〜3万程度だとされています。逆に適用させない場合は5万〜30万と状態やクリニックによって費用は異なります。

 

真性手術は保険適用で受けるべき?

 

どちらにもメリットとデメリットがあります。保険適用の場合は費用が安く済むメリットがある反面、傷跡などには配慮されず目立ちやすいといったデメリットがあります。また、保険適用ではない自由診療の場合は、費用は割高になるデメリットがある反面、傷跡など術後の仕上がりは自然になるといったメリットがあります。

 

真性手術を保険適用で受けるべきか否かについては、個人の価値観によるものが大きいのです。どちらで受けるべきと一概には言えません。傷痕やツートンカラーになる事など気にしないって人は保険適用が向いていますし、多少割高でも術後の仕上がりも綺麗にしたいって事であれば自由診療の専門クリニックがお勧めです。

 

あと専門クリニックであれば自由診療であるため会社や家族に保険証の履歴などで包茎手術を受けたと言う事がバレル事はありません。また、女性看護婦さんが居ない事や完全予約制での対応だったりとプライバシー面の保護が充実しているのも自由診療の専門クリニックの場合です。泌尿器科であれば包茎以外の患者さんも待合室や病室にいますし、主に看護婦さんに問診などしてもらう事になります。