子供が包茎の場合、親は包茎手術を受けさせるべき?

自分の子供が包茎である場合、包茎手術を受けさせる必要があるのでしょうか。これはしっかりと様子見をしなければいけない部分もあります。確かに、包茎であると亀頭包皮炎や、恥垢、尿路感染などの病気を生じさせてしまう事があります。包茎ですと、衛生上問題でもあるのです。

 

しかし、そうはいっても子供の性器はまだまだ未発達であり、様子見が推奨されています。一般的には小学生の時点まで様子を見るべきだと推奨されています。最低でも生まれてから5,6歳になるまでは様子を見るべきではないでしょうか。

 

また、子供の場合はペニスがどんどん大きくなる成長期になれば自然と包茎は改善されるため、様子見をすることも一つの立派な対処法でもあるのです。それでも、包茎が改善されないと判断出来るのであれば、包茎手術を考えてあげましょう。

 

ただし、日本においては子供に対する包茎手術は推奨されていないという事は理解しておきましょう。それでも子供が手術を望むのであれば、コンプレックスにならないうちに手術を受けさせてあげましょう。親は、包茎手術を受けさせる前に自分の子供がある程度、成長して性器の方も大きくなるまで様子を見てあげる必要があります。

 

しかし、包茎手術を受けさせるには、思春期前や成長期前では時期尚早すぎますし、またコンプレックスを持ってからでは子供に苦痛が生じてしまうのです。自分の子供が包茎である場合、手術を受けるべきかの判断は親の絶妙なさじ加減が必要となります。