包茎手術と肥満の関係

 

失礼かもしれませんが、肥満体型の方は包茎になっていることが多いのではないでしょうか。包茎は真性包茎、カントン包茎、仮性包茎の三種類が多めですが、中には肥満が原因で包茎になることもあり、肥満型包茎と呼ばれています。

 

具体的には、陰茎の付け根のやや上に脂肪がついていると、包茎になる可能性が高いようです。脂肪がつくことで皮膚は膨張しています。

 

そのような状態になると、陰茎の一部が体内に埋もれるのです。陰茎が埋もれることにより、皮が余ってしまい被ってしまうというのが基本的な原理となっています。この包茎は、脂肪がついてしまうことが大きな原因です。そのため必ずしも包茎手術を行う必要はありません。

 

脂肪がついていることが原因なので、脂肪をなくしてしまえば改善される可能性はあります。そのため、包茎手術に頼りたくないならばダイエットを行わないといけません。

 

しかし、ダイエットに成功したからといって必ずしも包茎が改善されるとは限らないのが厄介なところです。基本的には肥満が軽度であれば、ダイエットで改善される可能性が高めとなっています。

 

しかし、あまりにも太ってしまっている場合はダイエットのみで改善することは難しいかもしれません。その場合は包茎手術を勧められることもあるでしょう。このケースは決して珍しいことではありませんが、実際に病院に行かれる方は多くはありません。

 

そのため、不明な点も多くあります。まずダイエットから始めてみてはいかがでしょうか。